2010 M-1 GRANDPRIX CHAMPION
 

カテゴリー:『イベントレポート』の一覧

 

Jan

23

 

Aug

05

笑い飯のABCホールLIVE8

おなじみジャクソン5の出囃子とともに登場し、
恒例の客年齢いじりでスタート。今回は70代のお客さんも。
(以下敬称略)

- 漫才1本目
ご先祖様
ご先祖様を大切にしているといざという危機に守ってもらえる、というネタ。
マンションのベランダから落ちて来る植木鉢の手前で子孫を静止するご先祖様がいろいろおかしい。

給食に熱い人
給食センターで献立を決める会議の様子。
「センター長!(挙手)」という声かけから交代で献立の問題点・改善案を提示する。


- ゲストトーク
1週間前に「15分フリートークをしてくれ」と聞かされただけというメッセンジャー黒田がゲスト。普通のトークに見せかけて終始ぼったくりガールズバー事件の話に。
ギターが得意という話題から強引になごり雪を弾き語りさせられる黒田の後ろには
逮捕報道時のスライドショーが。

黒田「(ハケながら)もう来えへんぞ!」
西田「黒田さんこそもうどこにも行かないでください!」

というやり取りでコーナー締め。
このコーナーだけで約1時間。


- ブリッジ ショートコント 哲夫編
メンタルタフネスマスク


- 漫才2本目
ポケットにものを入れない&顔にインパクト
占い師に「ポケットにものを入れるのはよくない」「顔にインパクトがない、顔ピアスをするといい」とアドバイスされたという入りで、ポケットの中身を使って顔にインパクトを出す方法を考える。
哲夫はポケットの中身+安全ピンピアス、西田は安全ピンなしの変形Wボケ。

- SASUKE大喜利
ゲスト: ダイアン西澤、スマイル瀬戸、かまいたち山内、ミルクボーイ駒場

高所のドラを助走をつけて飛び上がり叩く、寝た状態から飛び上がって起きる、
曲のイントロ中に角材をのこぎりで切る、などSASUKEをモチーフに与えられたミッションをクリアすれば大喜利に答えられる、というルール。
競技はほぼクリア出来ないもので、大喜利コーナーなのに大喜利の答えが見られず運動神経悪い芸人コーナーに。


- ブリッジ ショートコント 西田編
メンタルタフネスマスク ネオギア


- 漫才3本目
まてー
深夜に聞こえるひったくりを追いかける声を良く聞いてみると...

水道点検泥棒
水道点検を詐称した窃盗犯をインターホン越しに演じるも、犯行目的丸出し過ぎてすぐに見抜かれる。

うどん屋の仲裁(きつねうどんとわかめうどん)
きつねうどんを頼んだのにわかめうどんが出て来た事に過剰なクレームを出すおっさんとのその仲裁に入る人。なぜか事態はより悪化していく。


2時間公演予定のところ、50分オーバーして21時20分終演。


(以降ネタバレ含む)


[→続きを読む]
 

Jan

15

出演:笑い飯

舞台袖に古代ギリシャ人の扮装をしたメロス(誰が演じているのか不明)が立っている。友人のディオニュシオスに対する思いを切々と綴る。以降は笑い飯が舞台からはけると入れ替わりで登場。

漫才
マナー>割り込み>ガムの妖精

『どちらを紹介してほしいですか』
目隠しをしたまま、数個ずつある顔のパーツを組み合わせ福笑いをする。目隠しを取り、出来上がった顔を見ながらアドリブでその人の紹介をする。

哲夫の福笑いは顔のパーツが全体的に右側にズレてしまったために「ズレスギ先生」。(大きく空いてしまった頬の部分をボリボリ掻くのがクセらしい)西田は口を横向きにつけてしまったため「口横君」。(山に向かって「ヤッホー!」と叫ぶ時は、手も横向きに添えて叫ぶ)

最後にどちらを紹介して欲しいかお客さんに決めてもらう。勝者は哲夫。敗者の西田は罰ゲームとしてサンバの衣装を着てサンバを踊る。(練習用に本物のサンバ・ダンサーが踊っているビデオを見せられる。)

漫才
ヤンキーの決まり文句>リンゴをひねりつぶして威嚇

コント(?)
教室のセット。先生役の哲夫と生徒役の西田。いわゆる青春ものの熱くてクサい会話を大マジメに交わす二人だが、何故かチャイムが延々と鳴り続け、止む気配がない。熱い会話とチャイムの間抜けな音のギャップがおかしくて客は笑い出すが、舞台上の二人は相変わらず真面目に演技をし続けている。そのうち二人は舞台上からはける。単独公演ではお馴染みになった女性二人+男性との会話(音声のみ)が始まる。

サンバで大喜利
西田の罰ゲームの時のサンバのビデオに出演していた3人のサンバ・ダンサー(ブラジル人?)が舞台上に登場。大喜利の解答をそのダンサーに答えさせるという実験的なもの。
「おかしなバンド編成。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、あとなに?」
「横綱の朝青龍さんから年賀状。何と書いてあった?」
「小学生が眼鏡をかけて太っている先生につけたしょうもないアダ名は?」
という問題にそれぞれが解答をダンサーに言わせようとするが、ダンサーの女性が日本語があまり上手でないために答えを間違って言ってしまったり、何を言っているのか分からなかったりで、結局グダグダのまま終了。哲夫はずっと楽しそうにサンバを踊っていたのが印象的。

漫才
節分>なまはげ>受験勉強中の息子に夜食を持って来る母親
 

Jun

19

出演:笑い飯、ソラシド水口、隼(はやぶさ)ポリン

オープニング
普段通り舞台に二人が登場。席がいくつか空いていたので「立ち見の人はイチかバチか(空いている)席に座ってみて下さい」と哲夫。

タイトルである「近鉄俊徳道行アーバンライナー」についての説明。「近鉄特急アーバンライナー」がどの駅に止まりどの駅に止まらないのか、いちいち駅名挙げてくどくどと説明を続ける哲夫。業を煮やした西田が話を途中で遮り、「では単独始まりま〜す」と言って舞台からはける。


オープニングV

『はみだし刑事情熱系』のオープニングV。途中で登場人物の名前のところが哲夫と西田の名前に修正されている。


漫才
物忘れ>忘れられない思い出>お腹が痛い隣の席の友達


「こんな趣味はいかがでしょう」
二人の趣味にまつわる写真を紹介して、どちらが客にウケが良いか判断してもらうコーナー。

●哲夫
(おそらく自分で撮影したと思われる)新幹線の写真を紹介。300系、500系、700系の細かな仕様の違いや、それぞれのパンタグラフの写真を見せて大きさやデザインがいかに違うか等を嬉々として説明する哲夫。西田は「そんなん違い分からへん」「それ一緒やろ」と一人でエキサイトして暴走する哲夫に対して呆れながらツッコミを入れる。

●西田
趣味の鎧兜(よろいかぶと)の写真をチョイス。戦国時代の武将がいかに非合理的な鎧兜を身につけていたか、実例を出しながら説明。おそらく実際の戦闘時には邪魔になるとしか思えない兜の写真をいくつか見せていく。例:兜のデザインがサザエになっているものや、熊の毛を全身に貼り付けた鎧【惣黒熊毛植具足】(「そうぐろくまげ うわぐそく」と読むそうです)、ありえない大きさの角がついた兜など。

最後にどちらの趣味に共感したかを観客に判断してもらう。
哲夫「僕の新幹線の趣味が良かったと思う人、大きな声で「パンタグラフ」と叫んで下さい」
西田「僕の鎧兜の趣味が良かったと思う人は、大きな声で「惣黒熊毛植具足(そうぐろくまげ うわぐそく)」と叫んで下さい(爆笑)」
哲夫「僕の方が良かったと思う人、「パンタグラフ」と叫んで下さい」
西田「僕の方が良かったと思う人、「惣黒熊毛植具足(そうぐろくまげ うわぐそく)」と叫んで下さい」
哲夫「「パンタグラフ植具足」と叫んで下さい(笑)」
…最後はグチャグチャになり終了。


ソラシド水口がビデオに登場
水口が主催する「DJ水口の今夜はオーウラナイト」というイベントの宣伝。前回イベントの時の映像を少しだけ紹介。


コント
ボクサー役の哲夫、トレーナー役の西田が控え室にいる。最近調子の悪い哲夫にその理由を問いただすトレーナー西田。「妹が白血病にかかりそのために試合に身が入らない、ボクサーをやめさせて欲しい」と懇願する哲夫。それを励ます西田。やがてもう一度ボクシングに打ち込む事を哲夫が決意。ロッキーのテーマをBGMにスパーリングを始める二人。

しかしBGMが少しおかしい。そのまま暗転。やがて声が聞こえて来る。女の子A「ねぇねぇねぇ最後のシーンさぁ、音おかしくない?」女の子B「だよねぇ。私もそう思った〜せっかくいいシーンなのに訳わかんな〜い」若い男「あれぇ、君たちもそう思った?正直、金返せって感じ〜。俺達気が合うよね〜。ねぇ、今度ダーツ・バーでイベントやるんだけど来ない〜?」


振り返り大喜利
司会は水口。お題に沿っていくつか解答を書き、出した答えを振り返ってみて面白かった解答に得点を与える。制限時間は1問につき3分。罰ゲームもあり。

『高校球児が持って帰った甲子園の土を、どうしている?』
哲夫「小さめのビニール袋に小分けして、近所に配る」
西田「ストローで鼻から吸う」
西田「顕微鏡で見て敗因を調べる」
哲夫「水と一緒にこねて、土ダンゴを作る」
西田「ちょっと水を入れて、ドモホルンリンクルみたいに顔に塗る」
哲夫「土偶を作る」
哲夫「おかんが鬱陶しいときに、投げる」
西田「帰りに忘れて行く」
哲夫「ミニ甲子園を作る」


『生徒会長選挙で、ダントツ最下位だった生徒の掲げた公約は?』
哲夫「国会に卍固め、消費税に延髄切り」
西田「僕は死にましぇん!」
哲夫「女子の江頭さんを、名字だけでいじめるのをやめさせます」
西田「購買部の焼そばパンのラップを、剥がしやすく改善します」
哲夫「学食の、A定食B定食以外にもCからP定食まで作ります」
哲夫「屋上の避雷針を折ります(パラシュートで降りて来る時に刺さったら危ないので)」
西田「教科書の「軍国主義」のところを墨で塗りつぶします」
哲夫「田井中浦公平君のことを面倒くさいので田中公平君に変えましょう」


『琵琶湖わんわん王国で起こった大事件とは?』
哲夫「隣にニャンニャン帝国が出来た」
西田「琵琶湖ワンタン王国が出来た」
哲夫「わんわん王国vs神聖ローマ帝国」
西田「犬が全てマリリンに会いに行った」
哲夫「同時多発わんわん事件」
西田「良く見ると、何匹か背中にチャックがついていた」
哲夫「会場名を全部カタカナにしま〜す」
西田「セントバーナードのようなでかい犬が、滋賀県知事の足にしがみついて腰をカクカクさせている」
哲夫「わんわん王国の「王」のところを王様みたいなイラストに」


『【でべそ】の格好良い呼び方とは?』
哲夫「突出器」
西田「DB(ディービー)そ」
哲夫「デベッソ」
西田「だぜよ」
西田「(口笛で)ピューピューピュー」
哲夫「せやろ」


結果:11対10で西田の勝利

罰ゲーム:格闘技をやっているらしい水口の蹴りを、キックミットで得点の数だけ受ける。観客に数を数えさせながら、キックミットを持った哲夫に蹴りを入れていく水口。どんどんエキサイトしていき、やがて水口の蹴りが止まらなくなる。狂ったようにひたすら哲夫に蹴りを入れる水口。止めようとする西田にも食ってかかる。水口にコテンパンにやられる二人。収拾がつかなくなり終了。


ゲストコーナー
隼ポリン氏を迎えてのトークコーナー。以前の単独に引き続いて2回目の登場。ポリン氏の趣味や履歴を下に二人がインタビューしていく。前回の時は体操を中心ししたコーナーだったこともあり、今回もトークの合間に身体を動かそうとするポリン氏。

しかしポリン氏が動こうとすると二人がそれを阻止。「いやいいですポリンさん。今回はトークなんで」本業である体操の話をしようとすると「あぁその話はいいですわ」と、体操とは関係のない趣味の話を強要。ゲストなのに居心地の悪そうなポリン氏。

…ようやく最後にあん馬をやってもらおうという話になり、ポリン氏が準備しようとするとBGMが鳴りゲストコーナーは終了、ポリン氏は強制的に退出させられる。


漫才
知り合いのおっちゃん>新大陸発見〜コロンブス編>新大陸発見〜「●●●な男」編>新大陸発見〜先住民との対話編


エンディング
本日出演のゲストを紹介。8月にまた単独イベントを行うことを告知。幕。
 

Jun

11

出演:笑い飯、千鳥、中山功太、ネゴシックス、ヘッドライト和田、 ジャンクション、アジアン、ミサイルマン岩部、レギュラー、天津、ダイアン、マラドーナ、ストリーク吉本、大浦梶

ノブのオープニングVTR
ノブが大阪ドームから御挨拶。


演芸コーナー(1)
『漫談/ミスターX(笑い飯哲夫)』
哲夫がVサインを掲げ登場。第一声は「……ゲッツ!」かしこまって「聞いてください、私の冗談。」と言ってから、窪塚飛び降り、めしや丼、 ローソン、アルペン、2cmの直線の書き方、三角定規についての小咄を、それぞれオチ付近で声を荒げ、 合間合間にマンキンで人のギャグを挿入しながら展開。最後は今日出来たというギャグを披露してお終い。


演芸コーナー(2)
『漫才/マイクタイソン(マラドーナ)』


【特別企画】紅白ものまね歌合戦
紅白のタキシードが司会で御馴染みの、ものまね番組のパロディ。
 (白組:哲夫、馬場園、赤組:ノブ、隅田が進行)
 (紅)JCT・下林の田原俊彦vs(白)天津・木村の橋幸夫メドレー
 (白)JCT・原田の立川談志vs(紅)ダイアン・津田の山崎まさよし
 (白)ダイアン・西澤のジュリーvs(紅)天津・向の槙原敬之
 (紅)千鳥・大悟の小林旭vs(白)笑い飯・西田のロバート・デ・ニーロ

採点は最前列のお客さんが10点満点の札で採点。100対97で白組の勝利

西田のデニーロはいつもの髪型に右頬に大きなホクロ、マフィアっぽいスーツ、右手にタバコで登場。ずっと目は閉じた状態で、独特のデニーロリアクションだけでやり通しコーナーが終わるまで一切喋りませんでしたw


【街角大喜利】
VTR。ノブが街に繰り出し、素人の方々にお題を振り答えてもらう内容


【街角大喜利】
西軍(和田、ネゴ、功太、大悟、西田、哲夫)
東軍(原田、馬場園、岩部、松本、向、西澤)
両軍で座布団の数を競う。

西田の挨拶「えー先程ロバートデニーロをやりましてー、芸暦の中でもかなり上位の緊張ぶりでした。出番前、袖で一度もどしそうになりました。笑い飯の西田です」

今回は東西対抗戦と題し、チームで座布団ポイントを争奪。お題は「三文字俳句」「即興6コマ漫画」「歌詞を付けましょう」


三文字俳句「アテネ」
原田:阿藤快 手と足実は 粘土質
松本:あけたげて てつだったげて ねてあげて
中山:あんたその テリヤキバーガー ねずみだよ
ネゴ:あーあーあー てんぷらがーー ねえよーー
西田:あかんなあ テニスウェアは 寝苦しい
大悟:ああほんと? テロリストたち 寝返った
馬場園:甘い夜 手取り足取り ネバーラーン(ド)
岩部:アントニオ(猪木) テントの中(では) 粘り強い
向:あれを見て 鉄道マニアは ネチャ手だよ
西澤:ああ大変 天童よしみの ネジ取れた
和田:アンパンマン 天丼マンに 寝取られた
哲夫:アンジャッシュ テツアンドトモ 笑い飯


「歌詞を付けましょう(笑点のテーマソング)」
松本「♪結局最後は 戦争 悩んだ挙句に 戦争」
大悟「♪世界で餓死する 子供 日本で捨ててる お米」
西田「♪汚職まみれの 国会 政治が腐った 原因」
功太「♪服部緑地で 強姦 帰りにメルアド 交換」
原田「♪前のKトラはよせえ 後のベンツが怖い」
西澤「♪三枝ときよしが 喧嘩 心配そうなヘレン」
哲夫「♪可愛いお前に 惚れた ずーっと守って いたい」


「歌詞を付けましょう(「戦場のメリークリスマス」のテーマソング)」
哲夫「♪好きなんだ お前だけを愛してる I LOVE YOU」(何故か哲夫のみチャラいノリが続く)
西澤「♪風邪気味の そんなあなたに僕から たまご酒」
向「♪その話 前にも聞いた感じや はよ言えや」
大悟「♪アライグマ 川で体洗うから 可愛い」
中山「♪うすれゆく 命の火の灯火よ はよ消えろ」
ネゴ「♪われわれが 来たからには安心だ さあかかれ」
原田「♪さっきから 背中にシール貼られてるで ちょおマジで」
岩部「♪見てみろよ きれいな顔してるだろ 死んでるんだぜ」
松本「♪初恋は かわいらしいお姉さん よっつ上」
西田「♪母上さま お元気ですか 一休」
哲夫「♪だけど喧嘩 からっきしだぜー サンキュウ」
哲夫「♪今日のお客さん みんないい人だと思う 最高さ」


お題「MCハマーの名曲「You Can't Touch This」の(ノブ曰くw)♪キャンジャスティスの部分に順番に言葉を入れていく」

西
原田「ホリデーインデー」
馬場園「ヘイジョーシン」
岩部「町娘」
松本「新快速」
向「ジョグダイヤル」
西澤「お茶菓子です」


和田「なめとんか」
ネゴ「あんま見んなや」
中山「まるむし商店」
大悟「きりたんぽ」
西田「バッチューニン(バッドチューニング)」
哲夫「キャンジャスティス」

西
原田「ねえさん事件です」
馬場園「マンゴスチン」
岩部「マンモスうれぴー」
松本「8回転」
向「万年筆」
西澤「警察です」


和田「奥さん倦怠期です」
ネゴ「肉が好き」
中山「パイオツカイデー」
大悟「フゥッ!」
西田「焼き飯」
哲夫「(自分の着物を指して)だいだい色」


和田「プラッチック」
ネゴ「ケンタスキ」
中山「ガリレオ・ガリレイ」
大悟「ジャンクロ(ード)バンダム」
西田「ロザンナ」
哲夫「ごめりんこ」

西
西澤「スーパーカー」
向「大判振る舞い」
松本「旭天鵬」
岩部「バイバイ青春」
馬場園「テレポーテーション」
原田「クーリングオフ」


哲夫「笑い飯」
西田「光秀」
大悟「俺ジャンクション」
中山「皇太子」
ネゴ「俺ネゴシックス」
和田「皇室アルバム」

ノブの独断と偏見で採点されるので最後は西軍の勝利
 

May

22

出演:中山功太・ネゴシックス・千鳥・笑い飯・南海キャンディーズ山里(元足軽エンペラー)ヘッドライト・アジアン隅田

演芸コーナー
ヘッドライト(ヘッドライト)「野球コント」
隅風真世(アジアン隅田)「宝塚」


大喜利
司会:ノブ
回答者:中山功太・ネゴシックス・千鳥・笑い飯・南海キャンディーズ山里


登場時の御挨拶
西田 :「数日前から尿道炎になりまして、泌尿器科に通っております。お医者さんによりますと、汚い手で弄ったからだそうです。 汚い手で弄っております、笑い飯の西田です」哲夫:大相撲の気になる外国人力士という事で、朝青龍が時間いっぱいで塩を取りに行く際のわにわにした歩き方の実演(あまりウケないので仕切りのノブにもういいですと言われる)

大喜利ビーバップハイスクール
出演者が不良校の新入生となり、上級生ノブが振るお題に即興で答える。不良という事でそれらしいズラを被るが西田は大工にしか見えず哲夫はパンチパーマですごむが可笑しいのかその度に後ろを向いてしまう。西田のすごみは何を言ってるのか解らない。

大喜利ライブ大喜利(抜粋)
投げたら世界一周するブーメラン、返ってきたらどうなっていた?

功太「FM802のステッカーが貼られていた」
西田「色んな国の税関のスタンプが押してあった」
山里「ハト殺しの異名がついていた」
ネゴ「ブーメランだと思ったら手羽先だった」
西田「見たことないような黒人が持ってきた」


クイズミリオネアのみのもんたが、ファイナルアンサーの後、30分溜めて言った事とは?
西田「・・・・・正解」
哲夫「・・・・・大間違い」
功太「(自分を指差し)・・・・HIV」
大悟「・・・・・クイズミリオネア」
大悟「(正解のイントネーションで)・・・・司会」


鬼が山からいっぱい下りて来た。何故ですか?
功太「タンクトップ姿の天才画家が来たから」(山下清)
山里「鬼がキャラ忘れるくらいの特売をジャスコがやった」
哲夫「(噂を聞きつけて)・・鬼ぎりってどんなん?」


アンコール!アンコール!ミュージシャンは楽屋で何をしている?
哲夫「メンバー同士でアチョーとか言いながらチョけてつつき合い」
功太「猛練習」
西田「すぐに出ようとするメンバーの一人をみんなで押えている」
西田「簾越しに天皇っぽい人と喋っている」


「しゃくれ」の傷つかない言い方
ネゴ「シャークレー」
哲夫「L」
功太「やまだかつてないしゃくれ」
山里「ファイナルエッジ」
西田「もう寧ろ出っ歯」
西田「口れ(くちれ)」
 

Mar

19

出演:(REGGAE SIDE)BOOGIE MAN/KENTY-GROSS/VADER/SILVER KING/RED SPIDER/BARRIER FREE/TOP SNIPER/HOTTIE CAT
(HIP HOPSIDE)DORBERMAN INC/4WD/NORISIAN-Z/NY MC/DJ RYO.COM/DJ GEORGE/MC MACKO/VENOM
SPECIAL GUEST:笑い飯

bsj01.jpg
bsj02.jpg

管理人はクラブイベント初体験だった訳なのですが、正直びっくりしましたね。久しぶりにカルチャー・ショックを受けましたです。ていうかいわゆるB-BOY(←大丈夫ですかこんな言葉使っても…)という方々をあれほどたくさん見たのも生まれて初めて。またひとつ人生が豊かになったと言えばいいのか果たして本当にそうなのか。

イベントの主旨は普段あまり接点のないヒップホップとレゲエのDJを同じ会場で交流させる、ついでにお笑いも、つーか笑い飯も呼んだぜ。みたいな感じですか。「レゲエもヒップホップもお笑いも同じ。ヤバイものはみんなカッコイイ。」とMCの人が言っておられました。だそうです皆さん。

会場に到着したらすでに大音量が流れていて「BARRIER FREE」というユニットが演奏していました。この人たちの音は本当に格好よかったです。レゲエの進化ぐあいには凄いものがあるな。Vo.の人がやたらとオカマの悪口言っていたのが印象的でした。あと電車でおばあちゃんを見かけたら席を譲らなくてはいけないそうです。大音量のレゲエで啓蒙。客も暴れる暴れる。

その後ヒップホップ系のDJが出て来たのですがこちらは何か型にはまった感じで退屈でした。女性ダンサーによるダンスもあったのだけどこちらも圧倒的にレゲエの方がセクシーで良い。管理人的にはレゲエの勝ち。

これほど明らかに場違いな舞台に、どんな顔をして笑い飯が出て来るんだろ、とちょっといじわるな期待をしながら待っていたら意外と早い時間に笑い飯が登場しました。MCが「わ・ら・い・め・し〜!!!」と絶叫すると客が「ウォォォォォ〜!!!」。baseでは決して見られない光景に少し感動を覚えました。

…ところがせっかくMCに格好良い紹介をされたというのに、西田氏は明らかにいつもより酷い猫背で首をすぼめながら「なにここ。お前らだれ?」みたいな顔で出て来たのには笑った。二人もB-BOY軍団初体験だったのでしょうか?

会場を見回して哲夫氏が開口一番、「あぁぁぁぁぁぁ。頭悪そうなやつばっかりやんけ〜!」「偏差値45以下のやつらばっかりや〜!」「お前ら絶対片親やろ〜!!!」とクラブの客に暴言浴びせまくってました。出て来ていきなり酷いな(笑。あと社会の窓から人さし指を出したりしてました。深夜なので大丈夫ですね。

あと会場には南海キャンディーズの山里君とネゴシックスの姿が。舞台の上から「あっ、そこにいるのは元足軽エンペラーで、現在南海キャンディーズの山里君じゃないですかぁ」と哲夫氏に紹介されて山里君が少しキレてました。

ネタは「学生服>履歴書>ラグビー」。哲夫氏がB-BOYに対抗して悪ぶろうとするので西田氏が「お前、大卒やんけ」とか「お前、漫才やってるいうことずっと親に黙ってて、(親には)学校の先生になる言うとったやろ」といろんな過去をばらしていました。チンポジのところも異様に長く、やっぱり一番受けてた(笑。後ろにいたアベックが、♀「なぁ、チンポジってなに?」♂「え?ちんちんのポジションのことやで」と説明していたのが微笑ましい光景でした。

漫才はもうありえないくらいグダグダでしたが、一度にいろいろなものを体験出来たので非常に楽しかったです。朝までいるのは(昼型の人間として)辛いので早々に帰ってしまいました。音楽ファンの皆さんすみません。でもレゲエのDJは凄かった。また見に行きたいです。(完)

管理人(ハエ)
 

Mar

16

出演:ヘッドライト和田・町田、千鳥ノブ・大悟、笑い飯哲夫・西田、ソラシド本坊・水口、大浦梶大浦・梶


第一部
場所は広島平和記念公園。公園のベンチにノブ(千鳥)と梶(大浦梶)が座っている。実は好きな人が最近出来た事を告白するノブ。「その人の事を考えるとドキドキして夜も眠れない。こんなに人を好きになったのは初めてだ」と打ち明ける。相手は誰だと聞く梶に、実はお前が好きなんだと告白するノブ。梶は引いてしまう。なおも詰め寄るノブ。

…突然笛の音がして先生役の哲夫(笑い飯)率いる中学の修学旅行生が列になって舞台に登場。生徒役は大悟(千鳥)、水口(ソラシド)、本坊(ソラシド)、西田(笑い飯)、大浦(大浦梶)、和田(ヘッドライト)、町田(ヘッドライト)。生徒は全員体操服。先生はジャージ姿。ノブらの前に立ち整列。神経質な先生なのか哲夫は笛を吹きながらひたすら整列のやり直しをさせる。「休めっ」「気をつけっ」「前ならえ」「お前とお前、前に出ろ。他のやつはよう見とけ。はい、前ならえ。」「はいこの線に合わせて整列」「はいお前もっと後ろに下がる」「回れ右っ」「もっと早く回れ右。はいやり直し」「はい先生を中心に集合ッ!」等々、細かいダメ出しにだんだん生徒も嫌気がさしてくる。しかし懲りずに延々と整列をさせ続ける哲夫。いつの間にかノブと梶まで整列に参加させられてしまう。

「よし、お前らよう見とけ。先生が見本見したる。はい前ならえっ」と見本を見せようとする哲夫先生。しかし偉そうに言う割には全くピシッとしていない腕の上げ方を見て、生徒達が遂に切れてしまう。生徒に取り囲まれて腕と足を羽交い締めにされる哲夫先生。生徒の一人が(哲夫を羽交い締めにしながら)「おい何か言いよんぞ。静かにしろ。」一瞬の間があって哲夫「(羽交い締めにされたまま)よしっ、解散。」生徒は哲夫を地面に放り投げて解散。地面に落とされた哲夫は何ごともなかったかのように生徒を整列させる。

再び哲夫先生は笛を吹きながら整列のやり直し。「休めっ」「気をつけっ」「前ならえ」「お前とお前、前に出ろ。他のやつはよう見とけ。はい、前ならえ。」「はいこの線に合わせて整列」「はいお前もっと後ろに下がる」「回れ右っ」「もっと早く回れ右。はいやり直し」「はい先生を中心に集合ッ!」「はい番号!」等々。嫌々ながらも整列を繰り返す生徒達。

「よし、お前らよう見とけ。先生が見本見したる。はい気をつけっ。」と再び見本を見せる哲夫先生。しかし何故だか手の先がペンギンのように反りかえっている。それを見て生徒達がまた切れてしまう。生徒に取り囲まれて腕と足を羽交い締めにされる哲夫先生。生徒の一人が(哲夫を羽交い締めにしながら)「おい何か言いよんぞ。静かにしろ。」一瞬の間があって哲夫「(羽交い締めにされたまま)よしっ、解散。」生徒は哲夫を地面に放り投げて解散。舞台からはける。一人取り残された哲夫先生が立ち上がり、今度は客席に向かって「はいお前ら整列!」と言った時点で暗転。


第二部
ノブ(千鳥)、水口(ソラシド)、本坊(ソラシド)、大浦(大浦梶)、梶(大浦梶)、町田(ヘッドライト)、西田(笑い飯)、和田(ヘッドライト)、哲夫(笑い飯)。いつものSUPER base LIVE風に普段着で登場。ノブが司会でマジカルバナナをやり始める。しかし何かおかしい。理由は和田がアントニオ猪木の格好をしているから。(パンツ一丁で赤いタオルを首に巻き、ご丁寧にアゴまでしゃくれさせている)すっかり猪木になり切っている和田。マジカルバナナで自分の番が回ってきても闘魂系のキーワードしか口にしない。まったくゲームにならず怒り出す他のメンバー達。気分を変えるために他のゲームをやろうとするが、いつも猪木/和田に邪魔される。怒ったメンバー達と殴り合いのケンカになる。しかし猪木/和田は圧倒的に強く、メンバー全員なぎ倒されてしまう。

…その時格闘技系の派手な音楽が大音量で流れ、舞台袖から「待てぇい!」の声。舞台右側から白い仮面を被り、ダブルスーツを着た大悟(千鳥)が登場する。何故か舞台端に置いてあるお立ち台に上り、猪木/和田とにらみ合う二人。にらみ合う二人。…にらみ合う二人…。だが何も起きない。大悟はそのままゆっくりと舞台から去っていく。音楽は消え、メンバーも何事もなかったかのように立ち上がりまたゲームをやり始める。

相変わらず自分の番が回ってきても闘魂系のキーワードしか口にしない猪木/和田。まったくゲームにならず怒り出す他のメンバー達。気分を変えるために他のゲームをやろうとするが、いつも猪木/和田に邪魔される。怒ったメンバー達と殴り合いのケンカになる。しかし猪木/和田は圧倒的に強く、メンバー全員なぎ倒されてしまう。

…再び格闘技系の派手な音楽が大音量で流れ、舞台袖から「待てぇい!」の声。舞台右側から白い仮面を被り、ダブルスーツを着た大悟(千鳥)が登場する。舞台端に置いてあるお立ち台に上り、猪木/和田とにらみ合う二人。にらみ合う二人。…にらみ合う二人…。また何も起きない。大悟はそのままゆっくりと舞台から去っていく。音楽は消え、メンバーも何事もなかったかのように立ち上がりまたゲームをやり始める。

相変わらず自分の番が回ってきても闘魂系のキーワードしか口にしない猪木/和田。まったくゲームにならず怒り出す他のメンバー達。気分を変えるために他のゲームをやろうとするが、いつも猪木/和田に邪魔される。怒ったメンバー達と殴り合いのケンカになる。しかし猪木/和田は圧倒的に強く、メンバー全員なぎ倒されてしまう。

…また格闘技系の派手な音楽が大音量で流れ、舞台袖から「待てぇい!」の声。舞台右側から白い仮面を被り、ダブルスーツを着た大悟(千鳥)が登場する。舞台端に置いてあるお立ち台に上り、猪木/和田とにらみ合う二人。にらみ合う二人。…にらみ合う二人…。だが何も起きない。大悟はそのままゆっくりと舞台から去っていく。音楽は消え、メンバーもやがては舞台からはけていく。一人残された猪木/和田。最後は「アントニオ…命」とゴルゴ松本の真似をしたところで暗転。



第三部
舞台中央には「長渕剛ものまね講座」という看板とマイク、長渕の曲「乾杯」の歌詞が書かれたホワイトボードが置かれている。それを取り囲むように水口(ソラシド)、本坊(ソラシド)、大浦(大浦梶)、梶(大浦梶)、町田(ヘッドライト)、和田(ヘッドライト)、西田(笑い飯)、哲夫(笑い飯)、大悟(千鳥)がパイプ椅子に座り誰かの登場を待っている。(何故か全員筆記具を持っている)

…やがて登場するのはノブ扮する長淵剛(?)。ギターを抱え頭にはバンダナを巻いている。おもむろに教壇に立ち、水を一口飲むとやがて「乾杯」のカラオケが流れ出す。長渕風に歌いだすノブ(長淵の物まねはうまいし、かなり似ている)。周りを取り囲んでじっとに聞き入るメンバー。どうやら長渕講座の生徒らしい。ノブが歌の途中でコブシをまわしたり、グッとタメを作ったりすると、メンバーが一斉にノートを書き出す。書き出すタイミングがあまりに全員ピタッと揃っているのでおかしい。会場は爆笑。ノブは淡々と歌い続ける。ノートを取るメンバー。

曲が終わるとまた水を口に含み、ホワイトボードにちょっと水をかけてみたりするノブ。その間受講生たちはヒソヒソと先ほどの復習をし始める。「あそこはもっと遅らせればいいんですねぇ」「タメのところが」云々という声が聞こえてくる。

やがて「乾杯」のカラオケが流れ出す。長渕風に歌いだすノブ。周りを取り囲んでじっと聞き入るメンバー。ノブが歌の途中でコブシをまわしたり、グッとタメを作ったりすると、メンバーが一斉にノートを書き出す。書き出すタイミングがあまりに全員ピタッと揃っているのでおかしい。会場は爆笑。ノブは淡々と歌い続ける。ノートを取るメンバー。

曲が終わるとまた水を口に含み、ホワイトボードにちょっと水をかけてみたりするノブ。その間受講生たちはヒソヒソと先ほどの復習をし始める。

やがて「乾杯」のカラオケが流れ出す。長渕風に歌いだすノブ。周りを取り囲んでじっと聞き入り、ノートを取るメンバー。しかし歌の途中で暗転。


第四部
ノブ(千鳥)、水口(ソラシド)、本坊(ソラシド)、大浦(大浦梶)、梶(大浦梶)、町田(ヘッドライト)、西田(笑い飯)、和田(ヘッドライト)が舞台に並んでいる。ノブが太鼓を持ち、大浦(大浦梶)と水口(ソラシド)が野球拳をする。その他のメンバーは野球服を着て一緒に振り付けを踊ったり、大きな団扇を振ったり、「アウト!セーフ!」のところで本当にスライディングしてみたりとかなりにぎやかな感じ。野球拳ショー?を延々と繰り返す。同じパターンを何度も繰り返すので何だか変にテンションが上がる舞台上。

…何度も何度も「野球〜するなら〜♪」を繰り返している舞台上。そこに突然、先ほどの哲夫先生が笛を吹いて現れる。あまりに場違いな登場に会場は爆笑。哲夫先生はまた全員を整列させようとする。しかしちゃんと揃わない。また手本を見せようとする哲夫先生、しかしうまくいかず失敗(というか故意にボケているのだが)、全員に羽交い絞めにされる。哲夫先生を羽交い絞めにしながら誰かが「おい何か言いよんぞ。静かにしろ。」と言う。一瞬の間があって哲夫「(羽交い締めにされたまま)よしっ、解散。」哲夫を地面に放り投げて解散。暗転。



第五部
王様役の哲夫(笑い飯)が玉座に座っている。王冠を被り、口ひげをたくわえている。傍には側近のノブ(千鳥)、家来の町田(ヘッドライト)、梶(大浦梶)が立っている。水口(ソラシド)によるナレーションによると、この王様は昔はよく笑う王様だったのだが、ある事件をきっかけに突然不機嫌になってしまったらしい。なんとか昔の朗らかな王様に戻ってもらいたいので(王様を)笑わせる事が出来る人間を探している。

…そこへ家来から連絡。野蛮な赤顔族が攻めてきているらしい。やがて戦争になり、次々に捕らえられた赤顔族が王様の前に連れて来られる。捕虜の赤顔族は深い穴に放り込まれて殺されるか、王様を笑わせて助かるかのどちらかを選ばされる。(赤顔族は赤い仮面を被っている。原始的な部族であまり言葉は話さないようだ)ひとりずつ王様(哲夫)の前でギャグをやらされる。その度に王様は不機嫌になり、受けなかった赤顔族は深い穴へと連れ込まれ落とされてしまう。一人、また一人と王様の元へ連れてこられてはギャグをやらされ、その度に穴へ落とされる。穴に落とされた時にアドリブで一声悲鳴をあげる。それぞれ工夫がこらされていて穴に落とされる度に笑いが起こる。

いよいよ赤顔族もいなくなり、残った家来の町田、梶が王様の前でギャグをやらされる。しかし全く受けず穴へ落とされる。最後に残った側近のノブもギャグをやらされるがこれも受けない。諦めた王様は「しょうがないな…ん?しょうがない?しょうががない…生姜がない。おい、生姜を買ってこい。なぜならしょうがない、しょうががないからじゃ。あっはっはっは」と自分の駄洒落で大笑いしてしまう。めでたしめでたし。暗転。

※挨拶やカーテンコール等はなし。プロジェクターで「終わり」「かえれ」と映し出されて大笑い。終了。
 

Feb

13

皐さんからレポートをいただきました。

出演:笑い飯・島木譲二


オープニング
特捜最前線のオープニングが流れ、前回と同じく出演者名が笑い飯の2人に書き換わっている。



トークコーナー
前回に続き、島木譲二を迎えてのトーク。 島木氏のプロフィール、ギャグ解説など。島木氏おおいにノって予定時間を大幅に超過。1時間弱?お客さんに振ったり、終わりそうなところで島木氏が再度話を戻したりと高い密度。笑い飯の2人が島木氏にギャグを進呈。ちなみに西田氏は「さっさとかえれ!」のフリに「さっさ、しっし、すっす、せっせ…」と手足同時に出しながら(緊張した行進みたいな感じ)ハケる。個人的にこのコーナーが漫才の次に楽しかった。


ショートコント
野球部を辞めようとしている西田氏をキャプテン哲夫氏が止める設定。2人が学ラン(+学帽・西田氏)で登場。話の筋などは何の特徴もないただのはなし。しかし2人が動くと音響を使ってのバカ効果音(例・帽子を脱ぐとき「バサッ!」等)。後半になるにつれだんだんバカらしさも増していき、暗転。「音デカくな〜い?」みたいな女の子の話し声が流れて終了。


大喜利対決
ダーツで順番を決め、交互に大喜利。制限時間は10秒。「関取であったらいやな四股名」「足関」(哲夫氏)など。負けた哲夫氏は体操服に着替えさせられて一人でラジオ体操。(その間、後ろで次のコーナーのセットの用意))


ヤンキーボキャブラ
ミナミにいるヤンキーの脅し文句を流し、ボキャブラ風に評価。(渋アホ等)最後に一番イカつかった脅し文句を客席全員起立して復唱。ちなみに哲夫氏は罰として体操服のまま。


漫才
チャイム>変態のおっさん>体操服>キセル>電車運転手と上司>匠の技>消火活動
※かなり長い漫才で大盛り上がり。30分は超えてました。すべて初見ネタ。個人的に「体操服のバリエーション」と「電車運転手と上司」は爆笑。「電車運転手と上司」は昨日の『よしもとマル秘深夜興行』の倍近い長さでした。二人とも汗だく。


エンディング
島木氏のコーナーの延長によりほとんど短いエンディング。2ヶ月に1回単独をやっていくとのことでした。
 

Jan

15

出演:ヘッドライト和田・中山功太・ネゴシックス・千鳥・笑い飯・ストリーク吉本・フロントストーリー清水・ソラシド水口


ノブのオープニングトーク
ノブが客席に座りいつも通りのオープニング。千鳥がABCお笑い新人グランプリを受賞した事を報告。審査員だった筧利夫が(千鳥の受賞に)非常に不服そうだったことを指摘。会場は爆笑。


演芸コーナー(1)
『シャボン玉●●…(失念しました)』 ストリーク吉本、フロントストーリー清水による染之助・染太郎のコピー芸。皿回しや鼻フック等。


演芸コーナー(2)
『露満素亭神様』 ソラシド水口による落語。非常に達者な落語だが時々唐突にネコの泣き声を挿入したりする。(水口氏はネコ好きだそうで)


笑点風大喜利(和服)
司会:ノブ 回答者:ヘッド和田・中山功太・ネゴシックス・千鳥大悟・笑い飯西田・笑い飯哲夫 座布団運び:ネコ田君(ソラシド水口)

あいうえお作文

お題:「おしょうがつ」/テーマ:「今年の出来事を予言して下さい」
和田「(お)おきなわけんで」
中山「(し)しんどいことが」
ネゴ「(よ)よげんされる」
大悟「(う)うまどしだから」
西田「(が)がんがんいんせきふってきて」
哲夫「(つ)つまらんつまらんつまらん」
哲夫「(お)おねがい」
和田「(し)します」
中山「(よ)よろしく」
ネゴ「(う)うまい」
西田「(が)が」
大悟「(つ)つるぴかはげまるくん」


お題:「おしょうがつ」/テーマ:「今年の出来事を予言して下さい」
哲夫「(さ)さっぱりとした」
和田「(く)くらくらするほどの」
中山「(ら)らっかんてきな」
ネゴ「(の)のぶですが」
大悟「(と)ときには」
西田「(き)きぜつします」
哲夫「(さ)さけをのみますが」
和田「(く)くらくらもします」
中山「(ら)らっきーなことを」
ネゴ「(の)のぶとして」
大悟「(と)ときには」
西田「(き)きくらげがすきになりました」


ブラックジャックにこんにちは
回答者は患者を診察中の医者。聴診器を耳に当て、何か問題があるような素振りをする。ノブ(看護婦)が「何か問題がありますか?」と聞いたところで面白い回答を。

西田(聴診器を患者に当てながら)「う〜ん…」
ノブ「先生。何か問題がありましたか?」
西田「どうかな。4日くらい前から死んでるなこの患者」

ネゴ(聴診器を患者に当てながら)「う〜ん…」
ノブ「先生。何か問題がありましたか?」
ネゴ「…この樹は泣いているね。(樹のお医者さんだった、というオチ)」

哲夫(聴診器を患者に当てながら)「う〜ん…」
ノブ「先生。何か問題がありましたか?」
哲夫「おかしいなぁ。さっきまでTMネットワークが聴こえとったんやけど」

西田(聴診器を自分の足に当てながら)「う〜ん…」
ノブ「先生。何か問題がありましたか?」
西田「やばい。足しびれとる」



大喜利ライブ大喜利
司会:ノブ
回答者:ヘッド和田・中山功太・ネゴシックス・千鳥大悟・笑い飯西田・笑い飯哲夫
スケッチブック運び:ネコ田君(ソラシド水口)

近所づきあいをしない事で有名な100歳のおばあちゃんが、近所に住んでいるタケシ君8歳の耳元で「誰にも言っちゃいけないよ」と囁いた次の一言とは?
和田:いい返事待ッテル
大悟:そ こ を ど き な さ い
ネゴ:NASAはマフィアだよ
哲夫:(私の名前は)金さん銀さんだよ
和田:私のメアドは"shinikake@〜"
哲夫:タケヒコ(「名前が違いますから」とノブ)
大悟:お前のランドセルを小豆で一杯にしてやろうか?
中山:かつてギネスにの
和田:実は「ハハァ」なんだよ
西田:JFKとダンスしたことがあってねぇ
和田:ビート君(「タケシ君ですから」とノブ)
哲夫:仏
中山:背中から生えた羽を見せてきた
ネゴ:今日はパンツはいていないんだよ
和田:福耳やねぇ〜


信号機の青・黄・赤に加わった紫。さて何を示す色?
中山:家帰れ
和田:2日泊まれ
西田:演歌を鳴らせ
哲夫:天●教(「確かに天●教は紫が好きですけどね」とノブ)
ネゴ:青になる前のお知らせ(「そんなんいらんやろ」とノブ)
和田:まっすぐに生きろ
ネゴ:助走つけれ
和田:マジで青になる5秒前(「それは広末やろ」とノブ))
西田:そろそろ充電して下さい
哲夫:青は進め、黄は注意、赤は止まれ>紫は「それらを把握せよ」という意味
西田:夜明け
哲夫:色悪いでっしゃろ
大悟:ヤンキーが(信号を見て)「あれシビー!」と言う


将棋の名人が相手の番の間、考えている事とは?
和田:あ〜オセロしたい
哲夫:こいつの嫁はん、三井ゆりやったかな、畠田りえやったかいな〜
中山:あいつの方が駒多い
西田:(あかんこのままやったら負ける)駒を息で吹き飛ばそうとして「フゥ〜フゥ〜」
和田:駒がみんなロビンマスクに見える〜
ネゴ:(玄関に飾ってあるような)大きな王将の駒を置いてやろうかな
西田:イス座ったろかな
和田:あかん負ける、マス目増やしたろ
哲夫:「角」て書いてあって「行」て書いてある…あかんあんな駒知らんわ(「知っとるやろ!」とノブ)
西田:先手、七・四・ハナクソ
哲夫:七・六・歩か。7×6=42やな
大悟:ポケットに入れた銀をいつ出そうか
和田:ブス二人に「将棋」っていうコンビ作らそう(オセロに対抗して、という事だそうです)
中山:(駒の各部分に細かいサイズが書いてあり)どうでもいい事が気になる
哲夫:次の一手にさんざん悩んだあげくついに決定>で「せやろ?」
大悟:次の一手にさんざん悩んだあげくついに決定>で「せさそ?」
西田:(顔が王将の駒になっている人を描き)こんなんなりたい
ネゴ:(先がギギザになったオリジナル駒を描いて)こんな駒欲しい


ババァv.s.ライオン、その結末は?
中山:ジジィだけが知っている
大悟:熱湯をかけてババァの勝ち
和田:ババァがライオンに&ライオンがババァに
哲夫:押し出しで高見盛ライオンの勝ち
中山:村の石像が涙を流す
和田:ババァが勝利、ババァの生理が復活
西田:黒人のスーツを着た集団が止めに入る
ネゴ:垂れ乳を罠にしてライオンを引っ掛けババァの勝ち
中山:ババァがライオンに丸飲みされるが口から顔を出して不適な笑い
和田:ババァの知恵袋固めでババァの勝ち
哲夫:よその銀河系に飛ばされる
大悟:大きな穴の中に取り残される
ネゴ:合体してババオンになる
西田:どちらも串刺しにされて原住民に焼かれる
哲夫:寄り切りで寺尾ババァの勝ち
和田:(とりあえず)メル友からスタート
哲夫:ライオンは動物園に、ババァは家に帰る
和田:虎がジェラシーを抱く
西田:言ってなかったけど実はババァは80人だった
哲夫:言ってなかったけど実はライオンは象だった
西田:言ってなかったけど実は場所が京都だった
哲夫:言ってなかったけど実は蜂が二匹飛んでいた
和田:言ってなかったけど実は提供がライオンだった
哲夫:言ってなかったけど実は僕の名前は哲夫だった


最近、たけし軍団に加入した芸人の名前は?
哲夫:そのまんまたけし
大悟:ラッシャー(ちょっとこっちに)きたまえ
西田:デブ・サップ
中山:バスロマン・スキスキスー
和田:つまみえだ豆知識
哲夫:パラシュート開かずに落ち太郎
西田:インキン・オブ・サオフトイ
和田:チョダンカン
ネゴ:P&Gスポット
中山:バイアグラ1錠・2錠
哲夫:寺尾
西田:腰ふるアイフル
和田:大森カラオケうたうもん
大悟:悪事するし・させし
哲夫:ハゲカワユキヒデ
西田:中山クンニ君
和田:湾岸線攻めろ・ひるむな
中山:ネゴセックス
西田:ビート・板
ネゴ:ビビアン吸う


「(イエローモンキーの節で)♪外国で飛行機が落ちました〜ニュースキャスターは嬉しそうに〜♪」さて嬉しそうに何と言った?
和田:紙飛行機ちゃうで!本物の飛行機やで!
大悟:大都市に落ちました〜♪
哲夫:乗客にキム・ヒョンヒはいませんでした〜♪
西田:スチュワーデスはブスでした〜♪
中山:一足早い春の贈り物でしたね
和田:太陽が〜♪燃えている〜♪
大悟:次はスポーツニュースです
西田:今日、手巻き寿司やねん
ネゴ:年に1回はあるな〜
和田:鏡龍太郎です(「田村正和でしょそれは」とノブ)
西田:好きな寿司を〜つまむ〜♪
 
«Prev || 1 | 2 || Next»